ひみつきち

~ Yonagi's Secret Base ~

脱力

前回の記事『わからないことがあるの』で重大な誤りがありまして(汗)。

どうも、夜凪です。

 

ほぼ一ヶ月くらい Rollei35 の中に入っていたフィルムの現像が上がったので、マッキナフォトさんへ取りに行ってきた。

今回はそこでのやり取り(以下、オイラ:夜、マッキナフォトさん:マ)。

f:id:ph_yonagi:20180612163012j:plain

夜:「内蔵露出計はどの範囲を測ってるのかよくわからないんですよ…飛ぶのが怖いのでアンダー目に撮ってるんですが…」

マ:「あ、フィルムは逆ですよ~。ネガはアンダーに極端に弱くて、オーバーにはある程度許容範囲があるから。」

夜:「えっ?でも、デジタ…」

マ:「あ、デジタルはポジなんで。」

夜:「…(ポカーン)」

f:id:ph_yonagi:20180612163723j:plain

要するに、

①.ピントとある程度の露出をセット → ある意味これはどうでもいい

②.一番明るいところをレンズの中心に合わせる → 一番暗いところに合わせる

③.適正~ちょいオーバーとなる露出にする → 適正で良い

④.構図を戻して撮影 → OK!

ということです。

ただし、様々な条件があるので経験を積むしか無いとのこと。

f:id:ph_yonagi:20180612163828j:plain

結果を見る前に答えが出てしまいました…脱力。

と同時に、適当なことを書いてしまってごめんなさい m(_ _)m

と同時に、マッキナフォトさんの神レクチャーに感謝 m(_ _)m

 

でも、暗いところに露出を合わせるってことは、SSが遅くなっちゃうよね?

だったら最低でも ISO400 のフィルムを使いたいよね?

 

…いやいや。

このやり取りにはまだ続きがあるの(笑)

 

現像とプリントはこちらでお世話になっています♪

ポチ、いつもありがとうございます♪ 

にほんブログ村 写真ブログ いろいろな写真へ

広告を非表示にする